入社して一年未満の転職はイメージ悪い?

面接で落とされやすくなる

入社して一年未満の転職はイメージ悪いというのは確かです。
というのも、現代の若者は離職率が高いことで評判を落としているため、そのような傾向にあればあるほど評価が下がってしまうからです。

参考:http://tensimcua.com/opraes/oneretire.html

といっても、明確な理由があって辞められているのであれば、自信を持って面接官にその旨を伝えるようにしましょう。
というのも、明確に伝えておかないと「裏がある」人物に見えるからです。
実際に質問をしてもはぐらかすような内容ばかりでは、この人は何かあって答えられないのでは?と思ってしまうのが当然です。
なので、どのような形で離職してしまう結果となったのかは、明確に答えるようにしましょう。

後、面接だけでなく書類面接があった際は、先にそちらについても気を配っておいたほうが賢明です。
例えば、面接前にそのことを連絡しておくと良いでしょう。
相手も人なので、「問題がない」人物であれば温情をもって接してくれます。
知られると困ることではないのですから、堂々とそのことを伝えれば良いと理解しておきましょう。

このような事情もあり、入社して一年未満の転職はイメージ悪いのですが、他にもイメージを悪化してしまう転職があります。
それは他業種に転職してすぐに辞めてしまうケースです。

他業種に転職というのは、本来であれば綿密に調べてから求人に応募するはずなので、すぐに辞めてしまうというのは「調査不足」を疑われる可能性があります。
なので、他業種に転職したがすぐに辞めてしまった場合は、「就職活動」をしていたので経歴に空きがある・・・と伝えておきましょう。
このような工夫1つで評価もずいぶんと変わってきます。

記録に残る

先ほどの短期間で離職してしまったケースであれば、まだ問題なく面接してもらえるようになっていますが、逆に「嘘の情報を交えて」自分を大きく見せるのはいけません。

というのも、入社して一年未満の転職といったイメージ悪い行いは、履歴書だけでなく個人情報として記録されているからです。
以前に面接を受けた会社の傘下、もしくは提携しているグループ企業で面接を受けたとしても、嘘の情報が混じっているようでは見抜かれることがあります。
どちらにしても、能力が認められなければ採用されることはありませんので、このような行いをされても就職されてから困るだけです。

今では、誠実さが重要視されているということを胸に刻んで、就職活動を続けたほうが下手なトラブルもなく済むということです。