転職で失敗しない秘訣

男性の場合はPR力が重要

転職で失敗しないために学んでおきたいこととして、男性の場合はどう対処するのが良いのか案内していきます。

男性の場合、可能であれば即戦力が欲しい・・・と面接官は思っていると理解しておきましょう。
つまり、PR力があるようであれば、それだけで高評価をいただけることがあるのです。
なので、「ネガティブな発言」はやめておいたほうが良いでしょう。

具体例では次のようなものがあります。

面接官が「○○さんの履歴書には運動が得意と書かれていますが、今でも運動はされていますか?」という質問をしてきた場合、「すいませんが今ではあまり運動はしていません。履歴書のものは学生時代の話です」と答えてしまうようでは面接に通るチャンスを失ってしまいます。
面接官が聞きたいのは、「体力が必要となる我が社を応募したということは、体力に自信があるということで良いですか?」ということなのです。
間違っても履歴書に書かれている内容に対しての念押しではありません。
このような場合は、なるべく即決ではいと述べておいたほうが良いでしょう。

内容としては嘘も混じっています。
ですが、体力が必要となる仕事で仕事内容が完全に明かせないものは、中々あるものではありませんし、なによりも今ではインターネットで調べてから応募できるわけです。
なので、すぐに不安になってネガティブに捉えるようでは、面接で評価されないまま終わってしまいます。
このような質問が来た時点で、面接官も「採用を考えている」・・・ということを忘れてはいけません。

ネガティブな発言を繰り返している場合、もしかすると何度もあった就職チャンスを逃している可能性まで考えられますので、面接前にポジティブに回答している自分を連想しておくのも大事でしょう。

女性の場合は笑顔が重要

女性は笑顔だけで採用されることも多いです。
実際に雰囲気がまじめな人では採用されにくい会社もありますので、なるべく笑顔を大事にしていきましょう。

なぜ笑顔が大事なのか?というと、女性の場合はコミュニケーション能力が良く見られる形で、面接が進んでいくようになっているからです。
コミュニケーション能力というのは、あまり緊張せず朗らかに会話できているかどうかで判断されます。
つまり、表情が堅いままでは緊張が高まっていることを表してしまうので、あまり面接時に評価されることもありません。

男性とは違い、女性は日常においても表情をよく見られますので、笑顔に関しては下手でも良いので意識して行うようにしましょう。
基本的に面接において「表情の柔らかさ」を評価されるようであれば、面接官も前向きになって面接している証拠となります。