アニメ業界の転職

コツコツ仕事する必要がある

seiyuu

アニメ業界は、コツコツと仕事できる人でなければ務まらないとされています。
要するに職人のように働ける人でなければ、アニメ業界で仕事をこなしていくことは難しいのです。

もし、アニメ業界で働きたいがコツコツと仕事をするのは苦手・・・という場合、アニメーター以外の仕事を選択するようにしましょう。
営業や企画、広報の担当でも求人が出ていますので、これらの職業に応募するのも1つの手段です。
ただ、アニメ業界で働く場合はアニメに関する知識は絶対必要となります。
タイトル、キャラクター、現場で飛び交う専門用語程度は、自分で学べる程度でなければ勤務も難しくなるでしょう。

実際に女性よりも男性のほうがアニメにハマっている人が多いため、アニメ業界全体では男性のほうが圧倒的に多い職場も沢山あります。
そのため、女性にとっては肩身が狭くなることもあるでしょう。
このような場合、先にどのような人員構成になっているのか調べておくと良いです。
アニメ業界といっても、求人を出す際には社内の人員構成を記載しないといけませんので、求人票を見てみると正確に知ることができます。

それと、現在ではアニメ業界といっても昔のように活発な動きが見られるわけではありません。
ゴールデンタイムに放送されるアニメばかりを手がけるのではなく、一部のマニア向け作品を作っているアニメ会社、宣伝会社が存在するのです。
なので、面接の際はどのような職場で勤務されたいのか明らかにしておきましょう。
そのような対応1つで、ずいぶんと仕事の楽しさも違ってきます。

後、アニメ業界で勤務する際はイベントの対応も大事なので、お客様とコミュニケーションを取ることも多くありますので、まったくコミュニケーションを取らずに、1人でコツコツと仕事できる仕事でもありません。
この点が良く勘違いされているため、勤務される人の中には「想像していたものと違う」・・・という理由で、アニメ業界を去っていく人もいるのです。

体力が要求される仕事

アニメ業界では、主にアニメーターの求人がかかっていますが、アニメーターとして勤務する場合は体力勝負になることが多いと思っておきましょう。
実際にアニメーター専用の室内では、重い空気が流れているため素人の方はこの点で悩むことが多いです。

新人が多く入ってくる業界でもあるのですが、辞めていく人も多いのがアニメーターです。
なので、求人雑誌などに出てくるような「明るい職場」というのは、あまり期待しないほうが良いでしょう。
実際はカリカリと作品を描きあげていて、会話についてもほんのわずかに発生する程度です。
その代わり、作品が完成した際には他の職業では味わえないような充実感を得られますので、その充実感を得体ためにアニメーターをされている人も多くいます。