化学業界の転職

採用の多い分野は?

科学は日々進歩していて、さまざまな分野で新たな人材を欲しがっています。
多くの企業が業界No.1を目指していて、特に外資系企業は投資や新しい事業の開発などに積極的に取り組んでいるため優秀な人材を多く求めており、専門性の高い知識や技術を持った人は、かなり条件のよい転職が可能です。

現在積極的に採用を行っているのは、自動車や、建築、食品や美容などの分野です。
自動車の場合、エンジニアリングプラスチックや塗料、ポリマーなど、建築では塗料や添加剤など、食品や美容関連だと添加物や医薬品などのそれぞれの素材に関わる分野が需要を高めていて、それらの開発に活躍してくれる人材が必要とされえいます。

求人の多いポジション

前述した分野で求められている人材は、まずは営業やマーケティングのスキルが高い人。
日本の化学業界は技術やサービスに非常に細かいので、そのような相手にきちんと対応でき、納得してもらった上でいろいろな契約につなげることができる人が求められています。

次に、専門的な技術のある設計や保守などのスキルのあるエンジニアの需要も高いです。
化学業界は外資系企業の参入が目立っており、営業やマーケティングになると英語能力を求められる傾向にありますが、技術エンジニアについては外資系企業でも英語力が必須でない場合も多いので、外資系企業への転職も夢ではありません。
ちなみに化学業界では古くから日本に拠点をおいている外資系企業も多く、日本企業に近い雰囲気の企業もありますのでそういった企業であれば転職してもスムーズに社風に馴染むことができます。

化学業界での異動と転職

正社員で働いているとどんな会社でも異動があり、やりたい仕事があって入社したにも関わらず、希望の仕事ができないということは多いです。
化学業界の場合、専門的な知識を持って入社している人もいるので、例え研究開発がしたくて入社し、数年希望の部署で働いていたけれど、異動に伴い開発から外れることになった、ということもあると思います。
そして、どうしても開発に携わりたいとい理由から転職を考える人もいるようです。

しかし、不景気で就職難に悩む人がいる中で、好きな仕事ができないからと転職するのでは、応募した企業に悪い印象を与えないかと不安を感じる人もいます。
実際のところ同様の理由で転職をした人はかなりいるようで、化学業界は同様の動機で転職を検討する人がたくさんいて、スキル経験が応募企業とマッチしていたことから転職に成功した、というケースは多く見られます。
動機に対するしっかりとした裏付けは重要ですが、こうした理由から転職を躊躇している人は、不安に思うことなく前向きに転職活動を始めましょう。