面接で落とされる人、採用される人

面接で落とされる人の特徴

saiyou
面接で落とされる人というのは、特徴だけでもかなり明らかになっているところが多くあります。

まず現代社会の影響で、仕事に対して緊張感をもっていない人では、面接で落とされる可能性が高いでしょう。
というのも、仕事を通じてトラブルを起こしてしまうような個人もいるからです。
有名なものではツイッターのようなSNSが挙げられます。

SNSというと、多くの人とインターネットを介してコミュニケーションを取れるサイト、もしくはサービスとして認識されていますが、近年では「問題の多い個人の特定ツール」と言われることもあるほど、面接の際に利用されることが多いツールです。
というのも、今までにどのようなことを実際に行ってきたのか、SNSなどを駆使すると簡単にわかってしまうからです。
人によっては、第一志望として御社に応募しました・・・という人もいますが、SNSなどで確認してみると、別の会社の求人に落ちたことが確認できたため、嘘をついていたことがすぐにバレてしまうということもあります。

なので、現代社会においてはなるべく素直に応じたほうが賢明だと覚えておきましょう。
もしくは、インターネットのSNSなどは秘匿性の高いものを利用したほうが良いです。

さすがにインターネットを通して素行が悪い人では、面接で落とされる可能性は高くなってしまいますし、その情報をネットに置いたままで放置というようでは、先見性が無さ過ぎると判断されてしまうものです。
情報はこれからの将来において重要となる要因なので、なるべく無駄な情報に関しては速やかに消しておく努力も大事となります。

面接で採用される人の特徴

面接で採用される人の特徴ですが、やはり仕事に向いていると判断される人であれば採用されます。

近年では、どのような活動を行っているのかも重要とされていますので、そのような実績作りのために活動されるのも大事です。
例えば、これから商品の開発、製造に携わる仕事に就くのに、それらの経験がまったくないのでは困ります。
そのため、そのような仕事に就きたいという場合は、関連性のある趣味をもっておく程度はしておきましょう。

そのような実績1つで面接で採用される人になることもあります。
逆に、無関係な趣味、活動が見られるようでは面接で採用される可能性が下がってしまいます。
自分をPRする際は、今までの活動と志望動機が結びついている点もアピールしていきましょう。
そのような意見を自信を持って言えるようになれば、面接で落ちてしまう可能性も下がりますし、なによりも自分に合った仕事を見つけられるチャンスが多くなります。

ほんのわずかな努力で、将来の人生設計も大きく変わっていくのです。