看護師の転職対策

看護師の資格の他にもこんな資格がおすすめ

看護師資格はそれ単体で、既に国家資格保持者になりますが、転職活動をより有利に進めたいのであれば、合わせて他の資格取得をすることも重要になります。
看護師がキャリアアップをする際に取得をしておきたい資格には、このような資格があるでしょう。

まず、認定看護管理者の資格です。
こちらの資格は、病院の管理者側、つまり、看護部長などを目指す方が取得をするべき資格として知られており、病院の管理者として、必要な管理能力を身につけていると認定されている資格になります。
看護職の頂点として知られる副院長や副施設長などを目指す際にも取得しておきたい資格ですが、取得をする為には、5年以上の実務経験など、厳しい条件がありますので、注意が必要です。

厚生労働省が直接管理する資格として、特定行為看護師も、取得をしておくと何かと便利と言えます。
いわゆる特定行為を、医師などの判断を待たずに行う事が許されている看護師の事で、緊急対応時に非常に重宝される存在となるでしょう。
こちらの資格は試験を受けるようなタイプではありませんので、特定の条件を満たせば、取得する事が可能になります。

職場環境と働き方を見つめ直して

転職活動をする際には、今より良い条件の場所で働きたいと言う方が多いかと思いますが、給与など、金額面にこだわりすぎると、大切な事を見失ってしまう可能性が有るため注意が必要です。
看護師として理想の職場とは、自分が働きやすい環境かどうかがまずは一番の決め手になります。
本当は昼に働きたいのに夜勤ばかり、本当はやりたい仕事では無い場所で働かざるを得ない、と言うような事が無いように、自分の理想の職場の形を追い求めると良いでしょう。

看護師として働くにも、様々な形があります。
転職をする際には、今の職場と比べてどうかということを比べるのももちろんですが、本当に新しい職場は、今の職場より環境が良いのかどうか、きちんと確認した上で考える事が大切です。
自分のライフスタイルに合わせて働く事が出来るかどうかなども、きちんと比較した上で判断をしましょう。

看護師の仕事は基本的に、どこの病院でも引く手あまたです。
看護師不足に嘆いている病院は多いからこそ、看護師経験者は、好待遇で転職できる場合もあります。
表面的な待遇だけに惑わされること無く、面接の段階で気になることがあれば、きちんと確認をした上で、転職をするようにしましょう。
せっかく転職活動が成功したにもかかわらず、転職活動をしたことで、前の職場より劣悪な環境になってしまったという事態を防ぐためにも、色々と確認に次ぐ確認を行うことが重要なポイントです。