ホテルスタッフの転職対策

ホテルスタッフが転職をする時に取るべき資格は?

ホテルスタッフとして働き、ホテルスタッフとして転職をしたいという場合。
ホテルスタッフとして働く為には、特に必要な資格などはありませんが、転職を有利にする為には、出来るだけ各種資格を取得しておくことが大切です。
資格を取得しているかどうかで、有利な条件で働けるかどうかが決まりますので、色々と資格取得をするに超した事はないでしょう。

まず重要なのは、ホテル実務技能認定検定です。
こちらは、ホテル勤務で必要とされる知識を測るための認定資格とされており、ホテル勤務で必要となる知識、基本的な部分を身につけている人として判断されます。
こうしたホテルスタッフとして働く為の民間資格を取得しておくことで、ホテルの採用試験にも合格しやすくなり、各種転職が有利に働くでしょう。

また、外資系ホテルを希望する場合は、語学能力を重視している所もあります。
TOEIC何点以上というように、特定の資格取得者を対象に募集をかけているような所も多いため、ホテルの募集条件を確認した上で、必要な資格を取得しておきましょう。

特に条件として指定がされておらずとも、こうした資格取得者を積極的に採用する外資系ホテルは多いため、希望があればこうした資格を取得しておくことが大切です。
語学に関しては他にも、中国語や韓国語など、各種言語が出来る方を積極的に採用する傾向にありますので、事前に勉強をしておいたり、資格を取得をするに超した事はありません。

ホテルによって雇用契約が異なります

転職をする際には、ホテルの求人をよくチェックして、どの雇用契約を募集しているのかを確認することが大切です。
ホテルの求人によって、正社員だけではなく、契約社員やアルバイトなど、様々な雇用契約がありますので、求人情報をチェックして、どの雇用形態を募集しているのかを確認してみて下さい。

雇用契約によっては、自分の理想の働き方が出来なくなる場合があります。
転職活動をする際には、求人情報をきちんと確認した上で、どの雇用契約の求人情報を確認することが重要です。
同じ正社員でも、労働時間等が異なる場合も多いため、内容も確認しましょう。

仕事内容をよく確認しましょう

同じホテルスタッフでも、お客さまと直接やり取りをするホテルスタッフもいれば、清掃などの客室対応がメインのホテルスタッフもいます。
自分がどのホテルスタッフになりたいのか、どんな仕事をしたいのかなどを事前に確認しておくことで、こんな筈では無かったと、後悔する事態を防げるでしょう。
求人情報に書かれて居ない場合は、面接の段階で、自分の働きたい内容や、今まで言っていた仕事内容を伝えることが大切です。