ソムリエの転職対策

ソムリエ資格は取得を忘れずに!

諸外国では国家資格となっているソムリエ資格ですが、日本においてソムリエの資格は、空くまで認定資格として取り扱われており、資格取得をせずとも、働いている方も居ます。
ワインの知識があれば問題ないと思うような方も居ますが、転職をする際には特に、ソムリエ資格があるに超した事はありません。
ソムリエ資格を持って居ないとソムリエとして認めないという厳しい判定のお店も多い為、転職活動をする際には特に、忘れずに資格取得をしましょう。

一般的な認定資格として知られているのが、ソムリエ資格試験です。
日本ソムリエ協会によって作られている認定資格で、ワインやアルコールを提供する飲食関係のお店で三年以上のサービス経験を持ち、1次試験の日も、サービス業務に従事している方が対象となります。

1次試験から3次試験まであり、1次試験は筆記、2次試験はテイスティング、3次試験は実技と、実に様々な試験を行って、ワインに対する知識、実技を確かめていくのです。
こちらの資格を持っていれば、大抵のお店でソムリエとして認められますので、転職の際にはまず、こちらの資格取得を目指すと良いでしょう。

また、こちらのソムリエ資格と異なり、職務経験を必要せず受験することが出来る資格が、ワインエキスパートになります。
ソムリエ資格を取得したいけれど、実務経験が無く、資格試験を取得出来ないという場合などに受験をおすすめする資格です。
転職をする際に、何も無いよりは確実に自分の技術を提示出来る資格ですので、取得をするに超した事はないでしょう。

ワインエキスパートの資格の場合は、3次試験が不要で、1次試験、2次試験のみとなります。
知識や技術に関してはソムリエ試験と同じほど必要となるため、きちんと勉強をしないといけませんが、実務経験が無くとも取れる分、手軽に資格取得を出来るでしょう。

他にも、数十年程度経験を積んでいるようであれば、シニアソムリエ資格を始め、シニアワインエキスパートなどの資格取得もおすすめです。
シニアタイプはワインへの理解力や、お客様に伝える能力なども対象となりますので、合格率が非常に低く、余程の勉強をしないと合格にいたりません。

接客という事を忘れずに

ソムリエはどうしても、ワインの知識や技術にばかり気を取られがちですが、あくまで接客業になります。
接客業としての基本的な部分を忘れてしまうと、ソムリエ失格となってしまう可能性が有るため、注意が必要です。
ソムリエとして何が必要なのか、ソムリエとしてワインの魅力を伝えたり、お客様の求めるワインを提供できるかどうかが、ソムリエとして重要なポイントと言う事を忘れず、転職活動に臨みましょう。