美容業界の転職

まずはアシスタントから

biyou
美容業界で働く場合、アシスタントでも構わないというのであれば採用される可能性は高いです。

逆に「~アーティスト、~エステティシャン」では採用されない可能性が高くなります。
~アーティストというのは、メイクアップアーティストのような仕事のことです。
このような仕事で勤務されている人は、すでに顧客がついている人もおられるので、コネもありアーティストとして活動できています。
しかし、完全に素人という場合は肝心の依頼がありませんので、採用されるケースも少ないのです。
最低でも関連の資格取得、卒業修了証がなければ採用されることはないでしょう。

~エステティシャンというのは、エステ全般の仕事を指す言葉だと思ってください。
現代では、「アロマ、オイル、痩身」といったエステがあるので、~エステティシャンは絞り込めないほど多く存在します。
また、エステショップで勤務されているような人になるのは、未経験者では100%不可能です。
というのも、コミュニケーション能力、施術の経験、マシンの利用において問題なく力を発揮できる人でなければ、採用されないようになっているからです。

~エステティシャンを目指す場合ですが、最低でも基礎知識と技術を研修で覚えるようにしておきましょう。
最近では、痩身エステを利用されている人も多くいますが、このようなエステショップで働くためには、アシスタントとして入る必要があります。
もしくは、美容学校を出ている状態で学校で施術の経験がある・・・ようであれば、エステティシャンとして勤務できるでしょう。

なにかと複雑化している美容業界ですが、基本的に学校卒業者でなければ採用されることはありません。
アシスタントとして勤務する場合でも、腕前を上げていけるかどうかはチェックしておきましょう。
というのも、エステショップによってはアシスタントとして勤務できても、それ以上の評価はされないようなケースがあるからです。
このような場合は、どれだけ経験を積まれてもアシスタントとして仕事できるだけで、それ以上の職務に就くことはできません。

こんな人は向いている

美容業界に向いている人ですが、美意識が高い人と言われています。
実際に美容業界で働いている人には、美人な方や清潔な方が多いものです。

そのため、最新のエステであったり、ファッションなどを追求されていない人では美容業界は向いていないでしょう。
エステショップの面接でも、どのようなことに興味をもたれているのか質問されることがあります。
これは仕事内容ではなく、美意識の向上に対してどのような興味を持っているのか質問しているため、通常とは違った面接になることが多いでしょう。