飲食店・宿泊業転職

記憶力が試される

inshoku

飲食店・宿泊業の転職ですが、今までどのような仕事をされてきたのか・・・より、単純に記憶力が高いのかどうか試されることのほうが多いでしょう。

飲食店の場合、注文を注文受取用のツールで入力していくわけですが、その際はお客様の注文を正確に聞き取れないといけませんし、注文内容にミスがあってもいけません。
実際に飲食店で勤務している人は、若い人のほうが多いというデータもあります。
若い人のほうが体力があるという意味ではなく、柔軟に仕事を覚えていけるので仕事が苦痛ではない・・・と感じる人が多いのです。

宿泊業の場合でも同じことが言えます。
宿泊業の仕事に就いた場合、基本として覚える仕事はそれほど多いわけではありません。
例えば、接客業を覚えるようになるのですが、その際も物覚えが悪いようでは問題です。
どのような方が利用されているのか、どのような注文が入っているのかを正確に記憶できる人でなければ、仕事を上手くこなすことができないでしょう。

飲食店・宿泊業の転職は、通常よりも作業量が多いため作業そのものを的確にさばけるような人ほど採用されます。
そのため、あまりにも見た目がルーズな人では、飲食店・宿泊業の転職が難しくなってしまいます。
なので、もし飲食店・宿泊業の転職を考えているのであれば、過去の経験も含めて求人に応募したほうが賢明です。

例えば、バイト時代に接客されていた時期があるのであれば、そのことも職務経歴書に書いておくようにします。
完全に未経験の場合、ものになるかどうかが曖昧なため、どうしても面接に突破することが難しくなってしまうのです。
なので、経験ありなのであればハッキリと経験ありであることを伝えておきましょう。
飲食店・宿泊業の良いところは、仕事を覚えてさえしまえば新しく覚えることが少ない点です。

典型的な業務を任されることが多いため、新しい仕事を覚えるというのは最初の頃しかなかったりします。

男性より女性のほうが採用されやすい

飲食店・宿泊業の転職は、男性よりも女性で多いという状況です。
男性の場合、あまり飲食店・宿泊業の転職を好まれていないようで、女性のように積極的に応募があるわけではありません。

女性の場合、飲食店・宿泊業の転職を好んでいる人と、キャリアを積む目的で転職している人にわかれます。
好んで飲食店・宿泊業の転職をされている女性の場合、学生時代からすでに同じような仕事をされていることが多く、社会人になってからは別の職業に就いていたため、過去の経験を元にして飲食店・宿泊業の転職を決意されているようです。
また、飲食店・宿泊業の転職では大手で就職できるチャンスもあるため、キャリアがある方が将来性のある人生設計をひけます。