私服面接の意味

だらしない服装はNG

求人の応募先によっては私服面接を行っていることがあります。
ですが、私服面接というのは「何を着てきても良い」というわけではありません。

私服面接の場合、「私服でも問題ない、私服で人となりを判断する」という2つの見方を設けているので、自己主張をするために私服で訪れるのはやめておきましょう。
私服でも問題ないというのは、仕事場の格好が実際にラフでも問題ない場合を言います。
アパレル業界では、それほど珍しくもない面接となっていますので、なるべく清潔感を重視して服装選びを進めていきましょう。

ただし、「足が良く見える」タイプの服はNGだと思っておいたほうが良いです。
女性であればロングスカート、男性であればデニムパンツ以上の長さの服でコーディネートするのが理想です。
足が良く見える場合、勤務先によっては不的確と判断されることがありますので、私服面接で落ちてしまう可能性があるのです。
面接官から「普段から着られている服装ですか?」と聞かれたり、「職場でも着る予定の服装でしょうか?」と聞かれるようでは、面接官も呆れて物が言えない状態にあるかも知れません。

服装というのは礼儀そのものです。
私服面接と言われても、足が良く見えるような格好ではいけませんし、なるべく上下の色合いについても派手ではないものを選択しましょう。
NGとなる具体例では、「上が赤色で派手、下が白色で地味」というケースがNGとなりやすいです。
このような服装はどのような場面で着るのか不明なものも多く、ロゴ等が入っている安い雰囲気の服装も多いため、応募先によっては評価されないことが多いです。

スーツ以外の紳士服を着用する、もしくは上下一体型の服を購入しておき、キレイなカジュアル系でまとめると良いでしょう。
当然ですが、汚れているところが目立つような服装もNGです。
シミや汚れが目立つようであれば、クリーニングに出したものを着用するくらいの気遣いはしましょう。
アイロンがけも行っておき、襟元がなえていないものを選択するのも大事です。
自分が面接に対して意欲的である、誠実な人物であることを服装を通じて理解してもらうのです。

自信がない場合はスーツを着用

私服面接はスーツは例外だと思っている人がいますが、スーツを着用されても問題ありません。

ただし、私服面接として私服のほうがありがたいというケースもあるので、「スーツ着用でも良いでしょうか?」と連絡を入れておくのも大事です。
また、スーツは100%無理というケースもあります。
製造の求人では、簡単に仕事場紹介されるケースがあるのですが、油汚れなどが目立つ現場もあるため、汚れてしまうと中々汚れが落ちない現場もあるからです。
そのよう場合は指定となる服装を聞いておき、スーツ以外を着用して面接を受けましょう。