建築業界の転職

力仕事はあまりない

kenchiku

建築業界の仕事ですが、今では男性よりも女性の応募のほうが増えてきています。
これは女性を事務などで採用しているというわけではなく、男性が就けるような仕事を女性でも就けるようにしたため、今では良く見られる現象とされています。

昔から建築業界は女性からも評価されていました。
ですが、花形と言えるような職種では女性の応募がかかっていなかったため、あまり女性は建築業界で働いていなかったのです。
どのような職種が女性でも大丈夫になったのかというと、主に現場に入る職種全般だと思ってください。
過去では危険でもあるし、男性同士で会話をしたほうが話がまとまりやすかった、もしくは女性が対応するのは相応しくない・・・というイメージもあったため、女性の採用がまったくなかったのです。

しかし、現代では力仕事そのものがかなり減っているため、女性が現場に出てくることも増えました。
どのような仕事をこなすのか?というと、主に現場の進捗状況をチェックする仕事につきます。
進捗状況のチェックというと機械的にこなせそうなイメージもありますが、実際は現場監督ともコミュニケーションを取らないといけないため、女性の中にはこの点が嫌で建築業界の現場を避けている人もいます。
ですが、最近では女性も現場に入ってくる割合が増えてきたので、落ち着いた環境で仕事できることも増えています。

そのため、もしこのような現場で勤務されたいのであれば、どのようなクチコミがあるのかもチェックしておいたほうが良いです。
建築業界は給与は良いのですが仕事環境に大きな差があるので、それを理由して辞めていく人も多い業界として知られています。

建築業界に向いている人

建築業界に向いている人ですが、基本的にハッキリとものが言える人でなければ勤務は難しいでしょう。
男性が多く働いている業界なので、女性に対して優しいか・・・と言われると優しくない環境というふうに評価されています。

ただ、キツく当たる人が多いという意味ではありません。
他の人も現場がうるさいので、大きな声でしゃべっているだけなのですが、大きな声でしゃべることが習慣となっているため、人によっては怒鳴り声のように聞こえるだけです。
ただ、今まで事務のような仕事をされていた人では、現場は怖いところと思う人も多いでしょう。

そのため、もし建築業界で勤務される際は、研修から学ばせてもらえるような勤務先が良いです。
このような仕事場であれば、滅多なことでは対応不足に陥ることもありません。
研修もしっかりしている企業が多いため、ノウハウについてもしっかりとしたものを学べます。
現代において現場で学ぶというのは時代錯誤と言えますので、なるべく正確に仕事に取り組んでいける人のほうが、建築業界とは相性が良いです。