面接中はここを見られている

面接中は目を良く見られている

mirareteru

求人に応募した際、人によっては面接がどうしても苦手という人がいます。
なので、今回は面接時に良く見られる場所と、なるべく評価を得るための手段について案内していきます。

まず、面接中は目を良く見られていると思っておきましょう。
なので、会話をしながら相手の目を見ないようであれば、誠実さに欠けると判断されることがあります。
近年では、やる気のない若者も多いため、どうしても目をしっかりと見ない人もおられるそうですが、面接に関するセミナーでは目を見てしゃべるという特訓を受けることがあります。

これは苦手意識の克服ではありません。
セミナーでは、どのようにしてしゃべると高評価されるのか案内していることが多いです。
具体的なテクニックでは、面接時は「相手の鼻を見て」話すようにするというテクニックを習います。
相手の鼻を見ていると、基本的に段々と気分が落ち着いてくるので焦る心配がありません。
目を見ていると、人によっては額が狭いため「睨んでいる」ように感じる面接官もいます。

しかし、そのようなことを考えていても緊張感は増すだけ・・・なので、目を見てしゃべるというのはあまり高い効果を得ないのです。
しかも、鼻を見てしゃべるようにするだけで、相手から見ると目を見てしゃべっている人物と記憶されます。
どうしても対人関係では上手くいかない・・・と悩んでいる人は、なるべくこのようなテクニックを駆使していきましょう。

後、相手に質問をさせるように会話をするのも大事です。
話をしている最中に話を止めないようにして、頷くようにして会話を聞くようにもしましょう。
熱心に話をしているというふうに伝わりますので、このような対応1つでコミュニケーション能力があると認められることもあります。
目を見られるのが怖いという意識は、「相手を全体的に見ないといけない」という思い込みによるところが強いので、緩慢とした意識で気楽に対応するのが理想です。

面接中は身振り手振りも見られている

ハンドシグナルのようなジェスチャーがあったほうが、PRの効果は高まるとされています。
面接中は身振り手振りも見られているので、なるべくジェスチャーを出していくようにしましょう。

例えば、今までの経歴を話す際もお身振り手振りで話すようにします。
今まで経験されてきてためになった話などをする際は、手を大きく使って躍動感を出すと良いです。
逆に、これからの話をする際は手を小さく使って説明したほうが、どのような説明をしているのか伝わりやすくなります。

また、可能であればそのようなジェスチャーを出す際に、表情についても鏡を利用して練習しておくと良いです。
表情の変化が少ないようでは単なる説明となってしまうので、表情の練習も行っておいたほうが効果は高まります。